機材

TC ELECTRONIC PolyTune2 レビュー

TC ELECTRONIC PolyTune2 レビュー画像

チューナーとしては少し値が張りますが、一言でいうと見た目が気に入り購入しました。

機能としてはやはりポリフォニック・チューニングができるということが最大の魅力になるのですが、メインでの使用はベースなので正直この機能はほとんど使っていません。

しかし頻度は少ないですがギターで使用したとき、ポリフォニックモードは今までのチューナーとは全く違う便利さを実感できます。じゃらーんと全弦を鳴らすだけで全てのチューニングが確認できるのは本当に便利です。

またトゥルー・バイパス仕様なので音痩せはほとんどなく、無音チューニングに対応しているためスタジオやライブでも使いやすいです。

チューニングモードの切り替え

複数弦を鳴らすと自動でポリフォニックモードに切り替わります。 単弦を鳴らせばあらかじめ設定していたニードルモードかストロボモードに自動で切り替わるためストレスは皆無です。下の画像を例にポリフォニックモードを少し詳しく解説いたします。

ベースに設定しているので4弦分を表示しており、左から4弦3弦2弦1弦を表しています。もちろんギターに設定すると6弦分表示されます。設定は記録されるので電源を落としても保持されます。3弦が少し高いので上に赤印が出ているのがわかると思います。低い場合は下に赤印が表示されるといった仕組みです。

160310-2

その他の特徴

他にも色々あるのでメーカーサイトより抜粋してご紹介いたします。

  • +/-0.1セントの測定精度を誇るクロマチック・ストロボ・チューナー
  • より大きく&明るくなった、ライトセンサー連動の高光輝ディスプレイ搭載
  • ドロップDならびにカポ・チューニング対応
  • 他のペダルに電源を供給するためのDCアウト
  • スムーズなチューニングをサポートするチューニング・マグネット
  • 設定は電源を落としても保持
  • ペダルボード固定用の3Mベルクロ付属

まとめ

ボードに組み込めるチューナーの中では断トツでかっこいい見た目(個人的に)なので本当に買ってよかったと思っています。

ひとまわりサイズが小さいPolyTune 2 Miniという商品も展開していますが機能が縮小されているのと表示も小さくなるので、 ボードのスペースに余裕がある方はMiniよりもこちらをお勧めいたします。

画像をクリックするとAmazonで商品をご確認いただけます。

Sponsored Links